建材・住宅設備産業取引ガイドラインの改訂について

東京ブロック 山口建設の山口です。

下請事業者と親事業者との間で、適正な下請取引が行われるよう、国が策定したガイドラインがあり、その中で我々が該当しそうなものが、建材・住宅設備産業取引ガイドラインです。

ジェルコとして国から周知があったのですがその周知文の一部を掲載させていただきます。

経済産業省におきましては、親事業者と下請事業者の間の望ましい取引関係の構築を図るため、下請代金法や独占禁止法上問題となる行為の具体的な解説を「建材・住宅設備産業取引ガイドライン」(以下、「取引ガイドライン」という。)として平成20年3月に策定し、これまで3度に亘り改訂を行ってきました。

今般、昨年末に改正された「下請代金支払遅延等防止法に関する運用基準」、「下請中小企業振興法第3条第1項の規定に基づく振興基準」及び下請代金の支払手段に関する通達「支払代金の支払手段について」(平成28年12月14日、中小企業庁長官・公正取引委員会事務総長通達)等を踏まえ、本取引ガイドラインに、見積時の望ましい取引慣行事例、手形等により下請代金を支払う場合の留意点、型の保管・管理の適正化、問題となる具体的行為事例等を追記する改訂を行い、本年3月30日付けで中小企業庁ホームページにて公表致しました。

URL: http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/guideline.htm

該当の資料へのリンクはこちらになります。

建材・住宅設備産業取引ガイドライン(建材・住宅設備産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン)(PDF形式:1,619KB)(平成29年3月30日改訂)

81ページのボリュームですが、一読の価値があるかと思います。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中